2020年7月1日

関係者各位

東地区町会連合会ねぷた
代表 大中 実

東地区町会連合会が主催するねぷたの「自粛」について

 世の中、【自粛】という言葉がよく使われておりますが、そもそも【自粛】の意味は、

『自分から進んで、行いや態度を改め、つつしむ(慎重に事をなす)こと。』goo辞書より)とあり、行動しないという意味ではありません。

 新型コロナ禍にあっては、国民各自が様々に自粛し、感染拡大の防止に努めることが求められています。これは生活様式の変革をもたらすものでもあり、地域行事にも当てはまります。以下に東地区町会連合会が主催し、当会が主幹するねぷたの自粛内容について記載しますので、各自遵守の上、行動しましょう。

東地区町会が行う「ねぷた自粛」の内容

No.

これまでのねぷたでの行動様式

新型コロナウイルス感染症の感染防止のために、自ら改め、慎重に事をなす内容

期待される感染防止効果

1

大型ねぷた、小型組ねぷた、町印、その他出し物多数だった。

小型組ねぷた1台、太鼓1台のみとする。 制作の作業工程や参加人員数を大幅に削減することとなり、感染リスクを下げる。

2

作業を小屋内で行っていた。

作業は小屋の外とし、小屋は格納場所として使う。 政府からの新型コロナ対策基本方針に従う。3密のうち、「密閉」状態を回避する。

3

作業中の密接、密集があった。

ソーシャルディスタンスを守り作業に当たる。 3密のうち、「密集」「密接」状態を回避する。

作業効率はかなり落ちるが、小型ねぷただけなので、ゆっくり時間はたっぷりあるので問題ない。

4

手指消毒、マスクをしていなかった。

手指消毒、マスク着用を実施する。 感染リスクを下げる。

5

作業中、運行中に不特定多数の出入りを認めていた。

出入りはメンバーのみとする。厚労省の「接触確認アプリ」を導入する。 感染していない地元の人のみで作業を行い、外部からのウイルス侵入を回避する。

ねぷたの作業経由であっても、外部経由であっても、メンバーが感染した場合、接触者の確認ができる。

また、外部の人が感染して、メンバーがその人と接触している可能性があるという情報もアプリで入手できる。接触可能性のあるメンバーは小屋への出入りを禁止する。

6

運行時に子どもたちや一般の大人が参加していた。

子どもたちの参加はなしとし、沿道で見てもらうこととする。 子どもたちが運行に参加すると、はしゃいだりして密接になる可能性があるので、それを回避する。

7

ねぷた終了後や作業終了後、小屋の中で飲食していた。

ねぷた終了後や作業終了後は、小屋の中で飲食しないようにする。 ねぷた小屋での飲食による3密を回避する。

以上

なお、7月1日付の陸奥新報に、櫻田宏弘前市長からの自粛要請の記事が載っていました。東地区のねぷたは、自粛を率先垂範している好事例ですね。