事業名:七日日特別企画(東小・東中子供たちにねぷたの細部を観て触れて、 感じてもらう事業)
目的:ねぷたの裏方(後片付け)も伝え、ねぷたの奥深さを知ってもらう
日時:令和4年8月7日(日)10時より12時30分まで
場所:長四郎公園ねぷた小屋、ねぷた小屋横の空き地、長四郎公園のため池周遊散歩道
内容: ①ねぷたの上乗り体験 (10時00分~10時40分)
大型ねぷた本体の中に入って構造を見たり、上に登ったりします
②本ねぷた鏡絵絵はぎ見学 (10時40分~11時00分)
鏡絵や見送り絵をはがしていく様子を見学します
③ねぷた絵絵はぎ体験 (11時00分~11時30分)
額の雲や牡丹などを子供たちにカッターではがしてもらい、そのままプレゼントします
④ため池周遊散歩道で子供運行(11時30分~12時00分)
中学生が運行責任者となり、小型ねぷたを用い、子供たちだけで長四郎公園内を運行してもらいます
カレーライス (12時00分~12時30分)
⑥残ったアイス、おやつを全て配布して終了、お開きとします!(12時30分~)
スタッフ:①②に会員5人、③④に会員もしくはお手伝い頂ける大人5人、⑤に調理に長けた人2~3人

『弘前ねぷたまつり合同運行の実施の際における新型コロナウイルス感染症の感染防止対策ガイドライン』より、「飲食は原則禁止とし、食事は自宅等で事前に済ませる。ただし、やむをえず食事をする際は、個包装のものを個人が食する形態のもののみ可とするが、食べ歩きはせず、短時間で済ませることとする。」とありますので、ご飯はラップで包んだものを提供し、カレールーを湯煎して提供します。

 

↑画像はR1年のものです。R4年は長四郎公園内を子供たちが運行する企画を検討中です。

↑画像はR1年の様子です。子供たちにねぷた絵を剥がす作業をしてもらい、そのままお土産として牡丹などをプレゼントする予定です。

↑画像はR1年のものです。R4年は食事は原則禁止ですが、行う場合は個包装であることが必須ですので、ご飯はラップで包んだものを提供し、カレールーを湯煎して提供します。