「津軽剛情張大太鼓」は、弘前市の市制施行百周年を記念し、平成元年(1989年)に弘果弘前中央青果㈱および㈱弘前丸魚等、生鮮卸売市場関係者が制作し弘前市に寄贈されました。太鼓の直径は4mもあり当時は日本一の大太鼓として話題を呼びました。弘前ねぷた祭り期間中の8月1,2,5,6日には、弘前市から依頼され「津軽剛情張大太鼓」を大型ねぷたの前太鼓として先頭を務めてきました。
 しかし弘果および弘前丸魚グループ内の叩き手不足のため、運行の依頼を引き受けられない状況となり、今年25年から運行しないこととなりました。
 弘前には「津軽情っ張り大太鼓」「津軽剛情張り大太鼓」「弘前度転太鼓」と三つの大太鼓があります。
「津軽情っ張り大太鼓」は、津軽情っ張り大太鼓保存後援会のもと、陸上自衛隊弘前駐屯地、伝統ねぷた囃子津軽組、七夕会の協力を得て、期間中連日参加し、合同運行の先陣を務めています。

直径3.5mの「弘前度転太鼓」は、城東の東家が所有し通年展示しております。平成18年に東地区町会連合会ねぷたが復活した際から現在まで、8月5日のみ駅前運行でのお披露目となっています。
DSCF1179

今回の「津軽剛情張大太鼓」休止を受けて、民間唯一の大太鼓である弘前度転太鼓を、おまつりを盛り上げるためにも、今年は8月1,3,5,6日に出したいと考えています。ただ、大太鼓は叩き手と曳き手合わせて40人もの大所帯となることから、大太鼓を叩きたい、曳きたい方を募集することとしました。大太鼓はその叩き方も通常のものとは違い、体力も必要なため、7月一杯の特訓が必要ですので、練習に来れる方を募集しています。

お問い合わせ先
東地区町会連合会ねぷた
代表 大中実 090-2020-0467
ねぷた小屋は長四郎公園にあり、夕方6時頃からいますのでお越しください。
メール minoruoonaka@gmail.com
HP http://jotoneputa.com/

DSCF1225

DSCF1235

DSCF1238